足場を掛けずに(足場を組まないで)外壁工事。予算を抑えて調査・改修工事致します。


◆◆◆ 施工事例一覧 ◆◆◆


東京都台東区Kビル


漏水調査
至る所に雨漏りの跡(エフロレッセンス等)が確認できます。
通常、雨漏り補修は外から行うのがセオリーですが、隣の建物が近過ぎて外からの工事は不可能な状況です。

漏水調査
雨漏りしているクラックに内側からエポキシ樹脂を注入すれば、雨漏りを止められると判断しました。内側からできるのであれば、外部の雨の浸入経路を特定する必要も特にないので、散水調査等も不要です。

 

漏水調査
但し、雨の通り道を完全に遮断するには、低圧器具の選択と注入の正確さが重要です。

 

低圧注入器具仮セット
クラック(ひび割れ・亀裂)箇所にセットします。クラックへの注入は、確実にできれば外側からでも内側からでも同じことです。
但し、確実に注入するためには確実に器具付け・目止めをすることとクラック幅に適した粘度のエポキシ樹脂を十分に注入する事が大事です。

低圧注入器具セット
専用の剥離シーリング材を使用します。

 

低圧注入器具取付け

 

低圧注入器具取付け
注射器タイプや風船タイプの器具では、漏水を止める為に必要な確実な注入は難しいと思います。

 

エポキシ樹脂注入
専用のガンで注入します。
超低粘度から注入して、樹脂の入り具合で粘度を調整しながら追加注入し続けます。

 

エポキシ樹脂注入
注入し終わったら、エポキシ樹脂が完全に硬化する翌日以降に全て撤去します。

 




〜LINK〜